ぴるクリニック(ピル専門外来)
@pillclinic

  • 6/25(日)は11人の方が新しくピルを始められました☆ 昨日USJでDREAMS COME TRUEのライブがあったそうで、大勢のお客さんで盛り上がったみたいですね*\(^o^)/*
    about 22時間 ago
  • 6/24(土)は7人の方が新しくピルを始められました♬ 今週は雨が続くみたいですね(>_<)お足元に気をつけてご来院下さい。
    about 2日 ago
  • 6/23(土)は23人の方が新しくピルを始められました☆ 本院の夏期休暇は8/13〜8/15になります。よろしくお願い致します。
    about 3日 ago
  • 6/22(木)は16人の方が新しくピルを始められました♬ 声優の金田朋子さんと俳優の森渉さんに女の子が誕生しましたね。おめでとうございます!
    about 4日 ago

副効果

副効用

子宮内膜症

子宮内膜症の治療にも低用量ピルが使われます。 低用量ピルは子宮内膜の増殖を抑える作用があり、子宮内膜症の治療薬として有力視されています。2008年春には一部の低用量ピルが子宮内膜症の治療薬として保険適応になる予定です。低用量ピルは副作用の非常に少ない、優れた治療薬となっていくでしょう。 その他にもMJRという低用量ピルが海外にはあり、その成分を応用した子宮内膜症の薬が2008年初めに保険適応になります。(その治験にも当院は深く関わりました)

子宮内膜症の治療としてピルを使用したケース

(さらに…)

生理不順、月経不順

生理不順の治療や対処にピルが有効です。

生理不順の多くがストレスやダイエットによる不順。その場合は低用量ピルを服用することで生理を順調にすることができますよ。ただし、生理不順の原因によっては低用量ピルでなく、適切な治療をしなければ将来不妊になってしまうケースもありますから、ホルモンを専門としている婦人科医の診断を受けることが大切です。

生理不順のコントロールにピルを使用したケース

Dさんは生理が始まって以来、とっても生理不順。 全く生理がいつ来るのかわからない状態でした。 婦人科で相談すると排卵が上手くできていないと言われて、排卵誘発剤を服用することに。 体調がよければ誘発剤で排卵できて順調に生理になるのですが、体調が悪かったりすると生理が来ない。そんな状態。 排卵はどうしても起きないといけないものではありません。 実際には妊娠を望む時期のみ排卵すればよいのです。 ただしホルモンのバランスは大切ですからホルモンの調節の必要はあります。 簡単な方法としてピルの服用があります。 無理に排卵させず、卵巣を休ませることで(数ヶ月服用後)服用を中止後は以前よりも排卵しやすくなる(卵巣の機能がよくなる)ことが多いのです。

PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)の治療にピルを 生理の前の約7~10日間の体調不良をPMSと呼びます。 イライラ 精神的不安定 腹痛 腹部膨満感 頭痛 眠気 うつ状態など その原因として 排卵による体調の変化 黄体ホルモンの作用 低用量ピルは排卵を抑制し、黄体ホルモンのレベルを下げることができます。そのため、多くの症状の緩和につながるのです。 PMS(月経前緊張症)の改善にピルを使用したケース Cさんは生理の前になると身体の調子が悪く、精神的にも不安定になるんです。生理の前はイライラして、周りの人には迷惑かけっぱなし、その時期の商談は上手くいったことがない。 そんなCさんにも低用量ピルが役に立ちます。 生理の前のホルモンのバランスが原因ですね。生理の前の不安定さが安定します。そのバランスを整える目的でピルを使用します。体質によりその時期のホルモンのバランスに対して反応してしまうのです。生理の前のホルモン状態を調整することで症状が緩和されるのです。 生理不順 生理不順の治療にもピルが有効です。 生理不順の多くがストレスやダイエットによる不順。その場合は低用量ピルを服用することで生理を順調にすることができますよ。 ただし、生理不順の原因によっては低用量ピルでなく、適切な治療をしなければ将来不妊になってしまうケースもありますから、ホルモンを専門としている婦人科医の診断を受けることが大切です。

大人のニキビ

大人のニキビ ニキビの治療に効果絶大 生理の前になると出る『大人のニキビ』は生理の前にホルモンのバランスと男性ホルモンが原因です。低用量ピルの服用によってホルモンのバランスは完璧に正常化します。体質的に過剰な男性ホルモンも下げることができます。しかも数ヶ月の服用によって男性ホルモンの感受性も下げることができのです。 アメリカ、ヨーロッパなど多くの国でニキビの治療薬として使われていますよ。 ニキビの治療にピルを使用したケース Bさんはニキビで悩む、25歳。 就職してからニキビが出るようになってしまいました。 特に生理の前は頬からアゴにかけてニキビがひどくなります。 化粧品を変えてみてもダメ、病院に行って抗生物質をもらうとマシになるのですが、止めるとまた出てきちゃいます。 この春、結婚式が迫っています。 どうか綺麗な肌でお嫁に行きたい! そんな彼女にもピルが効果的です。 元々多くの国でニキビの治療にはピルが使用されてきました。 特に生理の前のニキビに関しては効果的です。 生理の前に出現するピルは男性ホルモンの過剰な状態が原因です。そのホルモンのアンバランスを低用量ピルがコントロールしてくれます。 長年ニキビで『あばた』になってしまっている場合は、ピルを服用しながらピーリングをするとより効果的です 3-4ヶ月あれば、綺麗になりますよ。

生理痛(月経痛)

低用量ピルの使用で生理痛(月経痛)が軽くなります。
生理の量がかなり少なくなり、生理の期間も短くなります。
これは低用量ピルに配合されているホルモンの影響で子宮の内膜が厚くならないため、入れ替わる子宮の内膜の量も少なくなり、生理の量が減少します。(古くなった子宮の内膜が貯まると言うことではありませんよ)

【生理痛の緩和にピルを使用したケース】

A子さんは生理が始まった小学校6年生以来、生理痛に悩まされていました.生理の時は市販の生理痛の薬では全く効果がなく、立っていられない状態で、学校も休まなくてはいけませんでした.高校生になって初めて産婦人科に行きましたが、何も病気などはないと診断され、生理痛なんか我慢しなさいと言われてしまいました.これから、試験や学校の行事など休む訳にはいかず、困っていました.

そんな彼女には、低用量ピルが効果的です!

避妊を目的にするわけではありません. 低用量ピルによって生理痛のほとんどが解消できるのです. 生理痛のために大切な受験勉強の時間を費やしていませんか? 楽しみにしていた旅行や行事が生理痛のために台無しになっていませんか? ピルを使用することで、生理がやって来る日が事前に決まります. その上、簡単に生理日の変更ができるのです. たとえ、生理日になったとしても生理痛がほとんどないのです.生理のために大切な時間を浪費している貴方には低用量ピルは素晴らしい解決方法なのです.