ぴるクリニック(ピル専門外来)
@pillclinic

  • 1/15(火)は25人の方が新しくピルを始められました☆ テニスの全豪オープンの女子シングルス1回戦で、大坂なおみ選手が4年連続の初戦突破を果たしました。 かっこいいですね(^-^)
    about 17時間 ago
  • 1/13(日)は11名の方が新しくピルを始められました☆ 本日は休診日明けのため混雑が予想されます。ご来院の際はお時間に余裕を持ってお越しください。
    about 2日 ago
  • 1/12(土)は16人の方が新しくピルを始められました! 本日は成人式ですね(*^^*) 新成人の皆様、おめでとうございます🎊
    about 4日 ago
  • 1/11(金)は11名の方が新しくピルを始められました♫ お正月に発生した台風1号はサイクロンに変わったようですね。 22年ぶりの珍しい出来事らしいですね(^^)
    about 5日 ago

低用量ピルの選び方

金額はほぼ同じ程度ですので、そのピルの特徴を生かした服用方法をお勧めします。

1

1週間の休薬期間があります。慣れていない再開の時期が遅れてしまって、避妊効果が下がることが考えられますので、飲み忘れやすい方は28錠タイプがよいでしょう。

1週間の休薬期間も避妊効果は継続されます。

1週間以内の休薬であればほぼ全ての排卵が抑制されるため避妊効果は継続します。

2

飲み忘れやすい方はこちらをお勧めします

毎日服用することで自動的に休薬期間がとれてしまいます。休薬の代わりに薬の有効成分が入っていない‘プラセボ(偽薬)’を服用してもらいます。このプラセボ期間も避妊効果は持続します。しかし、服用の次のシートに移る時期が遅れる、再開が遅れる場合は避妊効果が低下してしまいます。